So-net無料ブログ作成
検索選択

AMG 63シリーズ テストドライブ [フェア]

先日、幕張のホテルニューオータニにて行われた「YANASE セレブレーション 2008」に行ってきました。

AMGフェア01.JPG

当日は、発表されて間もないCクラス ステーションワゴンやAMGモデルのディスプレイをはじめとして、メルセデスグッズの販売やAMGモデルのテストドライブなども行われ、メルセデスファンにとっては、充実の1日となりました。

特にAMGのテストドライブについては、大勢の人が前から予約をしていたようで、AMG人気の高さを改めて実感することとなりました。かくいう私もしっかりと、最新の6.2リッターエンジンを積むAMGをテストドライブしたのでした。


AMGフェア03.JPG
当日のハイライトの一つがデビューしたばかりのCクラス ステーションワゴン。ステーションワゴンモデルもセダン同様、エレガンスとアバンギャルドの2タイプのマスクを持ちます。これはアバンギャルド。


AMGフェア02.JPG
もう一つのハイライトがこのC63 AMG。コンパクトなボディに6リッター超えのエンジンを積むこともさながら、先代モデルとは打って代わって、アグレッシブになった外観がたまりません。特に…

AMGフェア04.JPG
このブラックアウトされたワルそうなヘッドライトやこれでもかと張り出したオーバーフェンダー、そして…

AMGフェア05.JPG
C63 AMGであることを主張する独自デザインのフロントスポイラーが私の大のお気に入りポイントです。



AMGフェア06.JPG
CL63 AMGも展示されていました。C63 AMGを見たあとだと、ジェントルな感じに見えます。


AMGフェア07.JPG
エンジンはAMG独自開発のV8。1機、1機にそのエンジンを組み上げたマイスターの名が刻まれたプレートが装着されています。


AMGフェア08.JPG
リアウィンドウには正規輸入車の証である青いメルセデス・ベンツのステッカーと、正規のAMGモデルであることを示すAMGのステッカーが裏側から貼られていました。見慣れない左上のステッカーは、メルセデス・ベンツ日本からの貸し出し車両であることを示すものです。



AMGフェア31.JPGAMGフェア33.JPG
AMGフェア32.JPGAMGフェア34.JPG
その他にも、現行SクラスやEクラス、そして本国ではフェイスリフト版がデビューしているSLや、先ごろラインナップに加わったばかりのC200 KOMPRESSORなどが展示されていました。
C200 KOMPRESSORはエレガンスでもアバンギャルドでもなく、本国でいうところのクラシックというグレードですが、日本ではC200 KOMPRESSORの名称のままで発売されるそうです。



AMGフェア09.JPG
会場にはクルマだけでなく、マウンテンバイクやアルミホイール、タイヤなども展示されていました。


AMGフェア10.JPG
ちなみにメルセデスのマウンテンバイクのスリーポインテッドスターはこんなところにあるのはご存知でしたか?


AMGフェア11.JPG
帽子やタオル、キャリングケースにゴルフバッグまで勢ぞろい。


AMGフェア12.JPG
個人的にはこのアタッシュケースがお気に入り。ちなみにAMGだけでなくメルセデスのロゴの入ったゼロもありました。


AMGフェア22.JPG
こちらはドイツの名窯であるマイセンの食器、「波の戯れシリーズ」。成約するとプレゼントされます。



AMGフェア13.JPG
いよいよ、テストドライブへ。これがテストドライブチケットです。
当日のAMGモデルはC63 AMG、E63 AMG、S63 AMG、CL63 AMGなど普段は中々テストドライブできないAMGモデルも用意されていましたが、すでに予約で満杯。
幸い、ML 63AMGに空きがあったので今日はMLでテストドライブです。


AMGフェア14.JPG
試乗会場へと行ってみると、AMGがズラリと並んでいました。ブラックのCL63 AMGとE63 AMGに・・・


AMGフェア15.JPG
シルバーのS63 AMGとC63 AMG。各AMGモデルの中でもC63 AMGのアグレッシブな外観は群を抜いている気がします。


AMGフェア16.JPG
今回試乗したのはML 63AMG。510psものハイパワーを誇るSUVの乗り味はどんなものなのでしょうか?


AMGフェア17.JPG
SUVというよりは、むしろ乗用車に近い感じのMLのインテリア。磨きぬかれたブラックポプラウッドが上質な雰囲気を醸し出しています。車内からは新車の匂いが…。この香りが好きな人も多いのではないでしょうか?


AMGフェア18.JPG
試乗コースは会場付近を走行するもので約10分ほどのコースです。簡単な道ですし、少なくとも前を走るC63 AMGに付いていけば迷うことはないでしょう(笑)
走り出してみるとAMGだけあって乗り心地は硬め。わずかな段差にも敏感です。


AMGフェア19.JPG
高回転でのフィーリングはどんな感じでしょうか?
さすがに公道ではそのパフォーマンスを全開にすることは出来ませんので、ギアを低速に落として、高回転でノロノロと走ってみます。迫力に満ちたエンジンサウンドを想像していたのですが、思っていたより静かなものでした。


AMGフェア20.JPG
ML 63AMGはAMGステアリングシフトを搭載していて、ステアリングの裏にあるボタンでカチカチとギアをチェンジします。


AMGフェア21.JPG
最近のAMGの主流はこのようなAMGパドルシフトに移ってきています。MLにも近い将来、採用されるのかな?


AMGフェア23.JPG
来場記念プレゼントにはAMGロゴ入りスポーツウォッチが用意されていました。ファン心をくすぐる演出が嬉しいですね。


今回はAMGモデルの内覧会やテストドライブ、グッズの展示即売会に来場者記念プレゼントと、まさに至れり尽くせりの内容でした。天候にも恵まれ、快適に試乗も出来て、楽しい1日が過ごせました。






タグ:AMG
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 4

ひでくん

はじめまして。
メルセデス ユーザーではないですが、
このようなイベントは気になりますねぇ。
とても手が届かない乗り物ですが。。。
by ひでくん (2008-05-24 13:01) 

carcatalogjp

はじめまして。
コメントありがとうございます。
日本でのAMGの人気が高まるにつれ、このようなイベントも増えてきているようですね。
5月28日にはお台場のホテルパシフィックメリディアンでもAMGイベントがあるそうですよ。

by carcatalogjp (2008-05-25 14:39) 

hiro

さすがメルセデス!なんだか規模が違いますね。
でもそれだけ日本のマーケットが
重視されてるってこともあるんでしょうけど。
by hiro (2008-05-26 20:49) 

carcatalogjp

hiroさん
メルセデスの中でもAMGに限っていえば、
今や日本の販売台数は、本国ドイツをも抜いて、
アメリカに次ぐ世界第2位のようですから自然と
力も入ってくるんでしょうね。
by carcatalogjp (2008-05-26 23:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。