So-net無料ブログ作成
検索選択

AMG 63シリーズ テストドライブ その2 [フェア]

前回の「YANASE セレブレーション 2008」に続いて、先日お台場のホテル グランパシフィック メリディアンで行われた「AMGファッシネーション」に行ってきました。

AMGイベント35.JPG
当日はAMGフルラインナップの展示・試乗会が行われ、展示会ではC63 AMGステーションワゴンや
SL 63AMGなどの最新モデルの他、1971年のスパ24時間耐久レースでクラス優勝に輝いた往年の
AMG 300SEL 6.8も特別展示され、マニア心を大いに刺激するものでした。

同時に行われた試乗会では、一般道路と高速道路を組合せたコースを走行するものでAMGのパフォーマンスをより楽しむことが出来ました。前回はML63 AMGでしたが、今回のAMGモデルは果たして!?


 
AMGイベント02.JPG
展示会場のエントランスで出迎えてくれたのはAMG 300SEL 6.8。当時のSクラスもAMGの手に
かかればこの通り。後方のボードには、疾走するAMG 300SEL 6.8のイラストが描かれています。
ちなみにこのAMG 300SEL 6.8はレプリカで本物はもう現存していないそうです。


AMGイベント03.JPG
会場に入ってすぐのところに展示されていたのは、AMGの中でも一番人気のC63 AMG。
セダン(右)とステーションワゴン(左)が仲良く並んでいます。


AMGイベント04.JPG
前回はホワイトのC63 AMGが展示されていましたが、今回展示されていたのはシルバー
C63 AMG。ブラックアウトされたヘッドライトインナーやオーバーフェンダーは何度見ても迫力が
あります。


AMGイベント05.JPG
こちらはC63 AMGのステーションワゴンモデル。フロントスポイラーなどは基本的にはセダンと同じデザインなのですが、ワゴンになると印象が変わって見えます。


AMGイベント06.JPGAMGイベント07.JPG
AMGイベント08.JPGAMGイベント09.JPG
SLのフェイスリフトに合わせてAMGモデルもリニューアル。8気筒モデルはSL55 AMGに代わって
SL 63AMG(左)が登場。12気筒モデルは今まで通りSL 65AMG(右)がラインナップ。SL 63AMGの
サイドエンブレム部分はボディカラーに関わらず、シルバーとなるそうです。これはこれでカッコいい?



AMGイベント10.JPGAMGイベント11.JPG
AMGイベント12.JPGAMGイベント13.JPG
S63 AMG(左)とS65 AMG(右)。S63 AMGは最高出力525psを、S65 AMGは実に612ps!を発生。まさにモンスターセダンです。S63 AMGはマルチスポークアルミホイールを装備するのに対して
S65 AMGはチタニウムグレーペイントのマルチピースのアルミホイールを装備しています。


AMGイベント33.JPG
通常モデルにはないボディカラーやシートカラー、シンテリアトリムで自分だけの個性を表現できるdesigno(デジーノ)の素材見本もディスプレイされていました。


AMGイベント14.JPG
SLK55 AMGもマイナーチェンジ。主だったところではフロントグリルのルーバーとフロントスポイラーのアンダーリップがブラックアウトされています。エンジンは今まで同様NAの5.5リッターV8。
W210のE55 AMGでデビュー以来、数々のAMGに搭載され、一時代を担ってきたNAの5.5リッターV8も今となってはSLKを残すのみとなってしまいました。時代の流れとはいえ寂しいですね。


AMGイベント15.JPG
そうそう、ウィンカー付きのドアミラーも、アローシェイプLEDを備えた新デザインに変更されています。


AMGイベント16.JPG
CLS63 AMGもマイナーチェンジされています。デザイン重視のCLSだけあって、外装上の変更点は少ないのですが、目に付くところではフロントグリルのフィンが3本から2本になっています。


AMGイベント17.JPG
この角度から見たCLSが一番好きです。流れるようなルーフラインが美しいですね。






AMGイベント18.JPGAMGイベント19.JPG
AMGイベント21.JPGAMGイベント20.JPG
デザイン、品質、動力性能とどれをとっても溜息がでてしまうCL65 AMG。エンジンルームを占有する612psものパワーを誇る6リッター、V12ツインターボエンジンが圧巻。


AMGイベント22.JPG
来年にはフルモデルチェンジが予定されているEクラスですが、514psを叩き出すE63 AMGのパフォーマンスはまだまだ健在。


AMGイベント23.JPG
C63 AMGやSL63 AMGなどの華やかなAMGモデルに隠れてしまいがちですが、ML63 AMGも発見!マスが大きいだけあって、外観のワイルドさでは他モデルを圧倒。


AMGイベント24.JPG
会場ではホテル グランパシフィック メリディアンによるサービスが行われ、ソフトドリンクやケーキなどのサービスが来場者に行われました。写真はホテルパティシエお勧めのチーズケーキ。

AMGイベント25.JPG
ケーキ及びドリンクのメニューですが、よく見ると左上にAMGのロゴが! メニューまでAMGです(笑)


AMGイベント26.JPG
当日はAMGのブランドイメージに対してのアンケートも行われており、アンケートに協力したところ、AMGキーリングをプレゼントとして頂きました。


AMGイベント27.JPG
当日配布された会場案内図(上)、試乗チケット(左)、プレミアムプレゼント引換券(右)。
全てホワイトを基調としたデザインでまとめられています。


AMGイベント34.JPG
試乗の為に、展示会場から試乗会場に移動すると、AMG車がずらりと並んでいました。この日の為に用意されたAMGモデルは10台以上。さて、今日の試乗モデルは…


AMGイベント28.JPG
そうです、今回試乗するのはCLS63 AMG。前回のフェアでは一般道路だけでしたが、今日は一般道路に加え、高速道路も走行します。AMG独自開発の63エンジンのパフォーマンスはいかほどに!?


AMGイベント29.JPG
まずはホテル グランパシフィック メリディアンを出て、首都高入り口まで走ります。今日の高速は臨海副都心から大井南までのコースです。乗り心地は硬め。40km以下での走行では、エンジンサウンドも静かで、特別AMGと意識させられるところはありませんでした。


AMGイベント30.JPG
いよいよハイウェイへ。ギアを低速に落とし、エンジンの回転数を上げていきます。4000回転を超えたあたりから、エンジン音が変わりはじめ6000回転で「ブォーン」という心地よいサウンドが室内に入ってきます。非常に愉しい。
まるでロッキード・トライスターが離陸する時のような爽快感のあるサウンドです。
(わかる人いますか?・・・(汗))

2速で6000回転ぐらいだと大体、時速70~80km。これぐらいのスピードでもAMGを楽しもうと思えば、十分楽しめます。試乗の時間はあっという間に過ぎてしまいました。


来場記念のプレゼントに渡されたのは、AMG特製のワイングラス。赤ワイン用と白ワイン用に2つのグラスが用意されています。AMGロゴの入った真っ白なケースも上質感が溢れてしました。
AMGイベント31.JPG

AMGイベント32.JPG


今日は展示会、試乗会、軽食サービス、プレゼントとどれをとってもAMG尽くしの1日でした。日本はAMGにとってアメリカに次ぐ最重要なマーケットに位置づけられてるようで、その力の入れようが伝わってきたイベントでした。



タグ:AMG
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。