So-net無料ブログ作成
検索選択

メルセデス・ベンツ SLクラス(R230) '08 [メルセデス・ベンツ]

【メルセデス・ベンツ SLクラス】

MB R230B1-01.JPG

メルセデス・ベンツSLクラスはメルセデスの歴史あるロードスターで、1954年にデビューした初代モデル(W198)から数えて、現行モデル(R230)は5世代目にあたるモデルである。2008年にフロントのフェイスリフトなどを中心に大幅な改良を行った。


カタログは全45ページ。2008年から「星はいつでも上で輝く」をテーマに、メルセデスのブランドアイデンティティが刷新され、カタログやポスター、広告などのデザインが変更された。カタログはシルバーをベースとしたものになり、スリーポインテッドスターが上部にデザインされるようになった。


○エクステリア

・フロントビュー
MB R230B1-02.JPG
今回のマイナーチェンジでは、特にフロント周りを中心に大幅なデザインの変更が行われた。往年の300SL(W198)を思い起こさせる力強いルーバーのフロントグリルと大きなエアインテークを備えたフロントスポイラー、そして鋭角的なデザインになったヘッドライトによって精悍さを増したが、改良前に比べると、威圧的になった感は否めない。写真はSL550。


・リアビュー
MB R230B1-03.JPG
駆け抜けるSL350。リアビューに関しては、リアスカートがディフューザーデザインになり、エグゾーストがスクエアな形状に変更されているものの、受ける印象は改良前とほとんど変わらない。


・サイドビュー
MB R230B1-04.JPG
ボディサイドのエアアウトレットが新デザインになっている以外は、基本的なシルエットは改良前と変わらない。曲面造形のなだらかなルーフが美しい。SL600のV12エンブレムの位置は、エアアウトレット内からエアアウトレットの下方に変更された。



インテリア
MB R230B1-05.JPG
上質さと優雅さが同居するSL550のコックピット。SLK(R171)でも採用された、首周りに温風を吹き出すエアスカーフがSLクラス全車に標準装備される。またキーを使用しなくてもエンジンなどが始動できるキーレスゴーも装備されている。キーレスゴー自体は先代のSクラス(W220)からあったが、正規輸入車で装備されるのは今回が初めてだ。



○AMGスポーツパッケージ
MB R230B1-06.JPGMB R230B1-07.JPG
SL350とSL550にはAMGフロントスポイラーやサイド&リアスカート、AMG19インチ5スポークアルミホイールなどの特別装備を用意したAMGスポーツパッケージが用意されている。ただし、フロントスポイラーにサイドエアアウトレットがない等SL63 AMGやSL65 AMGとはデザインが異なる。


○エンジン
MB R230B1-08.JPG

SLクラスには全部で3つのパワーユニットが用意されている(AMGを除く)。

・3.5リッターDOHC V型6気筒エンジン

メルセデスの主要な各モデルに搭載される3.5リッターエンジンだが、SL350には専用チューニングが施された最高出力316psを発生する3.5リッターV型6気筒エンジンが搭載される。改良前のSL350(272ps)に比べ40psほどパワーアップしている。


・5.5リッターDOHC V型8気筒エンジン

SL550に搭載されるのはS550(W221)やE550(W211)などにも搭載されて、定評のある最高出力387psを発生する5.5リッターV8エンジンである。排気量は5.5リッターだが、本国ではSL550ではなくSL500と呼ばれている。同様に本国でのSクラスやEクラスの名称もそれぞれS500、E500となる。


・ツインターボ付き5.5リッターSOHC V型12気筒エンジン

SL600が搭載するのは5.5リッターV型12気筒エンジンである。名称は600だが排気量は5.5リッターである。V型に配置された2つのシリンダーバンクにコンパクトなターボチャージャーを1つずつ備え、最高出力517psを発生する。


尚、本国には最高出力231psを発生する3.0リッターDOHC V型6気筒エンジンを搭載するSL280もラインナップされる。



○テクノロジー
MB R230B1-09.JPG

・バリオルーフ

SLクラスの最大の特徴であるバリオルーフはスイッチ操作でわずか16秒で開閉することができる。トランク容量はオープン時で206リッター、クローズド時で288リッターを誇り、更にラゲッジカバーを外せば、310リッターまで拡大することが出来る。

・パノラミックバリオルーフ

SLクラスには屋根の部分にアルミニウムではなく、クローズド時にも開放感をもたらすガラスパネルを採用したパノラミックバリオルーフもオプションで設定されている。
 

MB R230B1-10.JPG

・ABC(アクティブ・ボディ・コントロール)

S600(W220)やCL600(C215)でデビューしたアクティブ・ボディ・コントロールは第2世代に進化。第2世代では旋回時やレーンチェンジ時の車体のロールを非装着車に比べて60%以上、低減している。アクティブ・ボディ・コントロールはSL550、SL600、SL63 AMG、SL65 AMGに装備される。

・キーレスゴー

メルセデスの日本仕様車として初採用となるキーレスゴーがR230型SLクラスに採用された。キーを身に付けたままドアを開けることが出来て、エンジンの始動もシフトノブ上部のボタンを押すだけでスタートできる。


・マルチコントロールシートバック

乗る人の体格に合わせて背もたれのサポートを調節できるマルチコントロールシートバックも用意されている。SL600、SL63 AMG、SL65 AMGに標準装備される。







【メルセデス・ベンツ SL63 AMG & SL65 AMG 】

「星はいつでも上で輝く」をテーマに2008年よりメルセデスのブランドアイデンティティが刷新され、カタログやポスター等のデザインが変わったが、それに伴いカタログ中のAMGのセクションも以前のシルバーベースのページからブラックベースのページに変更されている。


○エクステリア
MB R230B1-11.JPGMB R230B1-12.JPG
SLクラス(R230)のAMGモデルにはSL63 AMGとSL65 AMGの2モデルがラインナップされる。フロントスポイラーや両サイドのエアアウトレットの形状などは専用のものとなっている。チタニウムグレーにペイントされた19インチのアルミホイールがAMGのスタイリングを一層際立たせている。


○インテリア
MB R230B1-13.JPGMB R230B1-14.JPG
インテリアもAMGスポーツステアリングやシルバーアルミニウムのパドルシフト、AMGメーターパネルなど随所にAMGの専用パーツが採用されている。シートはナッパレザーのAMGスポーツシートが採用されている。SL65 AMGについてはフルレザー仕上げとなり、シートやドアの内張りにはダイヤモンドステッチが用いられる。トリムはカーボンファイバートリムが標準となるが、それ以外にも各種ウッドが選択できる。


○SL63 AMG専用装備
MB R230B1-15.JPG

SL63 AMGにはAMGドライブユニットシステムとAMGスピードシフトMCTが装備される。

・AMGドライブユニットシステム

AMGドライブユニットシステムは走行モードの選択やサスペンションのセッティングを変更することが可能なシステムである。走行モードはコンフォートやスポーツ、スポーツプラスやマニュアルモードの他に、高い回転数での発進を可能にしたRS(レーススタート)も選択できる。

ESPも通常モード、スポーツモードの他にC63 AMGで採用されたOFFモードも選択できるが、これはブレーキを踏むことで解除されることでセーフティーも考慮されている。サスペンションも通常モードに加えスポーツモードが選べる。
走行モードやサスペンション、ESPの設定はメモリーに記憶しておくことが可能になっている。


・AMGスピードシフトMCT

これは7Gトロニックのトルクコンバーター部分を湿式多板クラッチにすることで、マニュアルのようなダイレクト感とスピーディーなシフトチェンジを狙ったものである。MCTはマルチ・クラッチ・テクノロジーの略称であるが、VWのDSGやBMWのM-DCTのようなツインクラッチのシステムではなくシングルクラッチのものとなっている。


○パワーユニット

AMGに搭載されるエンジンは"One man-one engine"の主義に則って、マイスターが1機ずつ手作業で時間をかけ仕上げている。エンジン上には組み上げたマイスターのサインが記されたプレートが輝いている。

・SL63 AMG
MB R230B1-24.JPG
SL63 AMGには最高出力525ps/6,800rpmを発生するAMGが自社開発した高回転型の6.2リッターDOHC V型8気筒エンジンが搭載される。レーシングテクノロジーから生み出されたこのエンジンはクローズドデッキ式を採用しており高いブロック剛性を確保している。

・SL65 AMG
MB R230B1-23.JPG
SL65 AMGに搭載されるエンジンはメルセデスのSL600が積むツインターボ付きV型12気筒エンジンをベースとしているが、排気量は5.5リッターから6.0リッターに拡大され、様々なAMGの独自技術を投入して開発された結果、最高出力は実に612psを発生する。



○AMGパフォーマンスパッケージ/AMGカーボンエクステリアパッケージ
MB R230B1-21.JPG
SL63 AMGはボトムフラットタイプのAMGパフォーマンスステアリングや専用のスポーツサスペンション、ディスク径を大径化したAMG強化ブレーキシステムなどを装備したAMGパフォーマンスパッケージをオプションで選択することが出来る。

フロントスポイラーの一部やドアミラー、リアディフューザーなどにカーボンファイバーが用いられるAMGカーボンエクステリアパッケージもSL63 AMGとSL65 AMGにオプションで用意されている。


○デジーノ(designo)
MB R230B1-19.JPG
ボディカラーやシートカラー、インテリアトリムなどに、より希少性とアイデンティティを求める顧客にはデジーノ(designo)が用意される。デジーノはSL600及びSL63 AMG、SL65 AMGに設定される。角度や光に応じて色合いを変化させる特別ペイント、ウッドではなく天然石を使ったストーントリムなど独創的で多彩なバリエーションを誇っている。写真はパステルイエローのデジーノレザーシートとピアノラッカーウッドの組合せ。



○マイナーチェンジ前のSLクラス(R230)
MB R230B1-18.JPG
SLクラスのマイナーチェンジと時を同じくしてSLKもマイナーチェンジを受けたが、SLKには短期間ながら「星はいつでも上で輝く」をテーマにした新しいブランドアイデンティティのカタログが用意されたのに対して、マイナーチェンジ前のSLには用意されることはなかった。

今でも人気の高いひょうたん型(通称ピーナッツアイ)のSLの新デザインカタログも見てみたかったものだ。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆データベース◆◆◆◆◆◆◆◆◆


【メルセデス・ベンツ SLクラス(R230) '08】


■SL350
車両形式:DBA-230458
エンジン形式:272
エンジン種類:DOHC V型6気筒
総排気量(cc):3,497
ボアx ストローク(mm):92.9×86.0
最高出力PS/rpm:316/6,500
最大トルク kg・m/rpm:36.7/4,900
燃料供給方式:電子制御式
ミッション形式:7Gトロニック(電子制御7速A/T)


■SL550
車両形式:CBA-230471
エンジン形式:273
エンジン種類:DOHC V型8気筒
総排気量(cc):5,461
ボアx ストローク(mm):98.0×90.5
最高出力PS/rpm:387/6,000
最大トルク kg・m/rpm:54.0/2,800~4,800
燃料供給方式:電子制御式
ミッション形式:7Gトロニック(電子制御7速A/T)


■SL600
車両形式:ABA-230477
エンジン形式:275
エンジン種類:SOHC V型12気筒 ツインターボチャージャー付き
総排気量(cc):5,513
ボアx ストローク(mm):82.0×87.0
最高出力PS/rpm:517/5,000
最大トルク kg・m/rpm:84.6/1,900~3,500
燃料供給方式:電子制御式
ミッション形式:電子制御5速A/T


■SL63 AMG
車両形式:CBA-230470
エンジン形式:156
エンジン種類:DOHC V型8気筒
総排気量(cc):6,208
ボアx ストローク(mm):102.2×94.6
最高出力PS/rpm:525/6,800
最大トルク kg・m/rpm:64.0/5,200
燃料供給方式:電子制御式
ミッション形式:AMGスピードシフトMCT(電子制御7速トランスミッション)


■SL65 AMG
車両形式:-
エンジン形式:-
エンジン種類:SOHC V型12気筒 ツインターボチャージャー付き
総排気量(cc):5,980
ボアx ストローク(mm):82.6×93.0
最高出力PS/rpm:612/4,800~5,100
最大トルク kg・m/rpm:102.0/2,000~4,000
燃料供給方式:電子制御式
ミッション形式:電子制御5速A/T


○ボディカラー&シートマテリアル
MB R230B1-20.JPG

■ボディカラー

ファイアオパール(590)
アラバスターホワイト(960)
クロマイトブラック(112)
オブシディアンブラック(197)
タンザナイトブルー(359)
チューライトレッド(541)
キューバナイトシルバー(723)
テノライトグレー(755)
イリジウムシルバー(775)
アラバンダイトグレー(779)
パラジウムシルバー(792)
ダイヤモンドホワイト(799)

ダイヤモンドホワイトは有償色(¥96,000)


■シートマテリアル

・本革シート:SL350に標準設定

ブラック(211)
ナチュラルベージュ(214)
ペブルベージュ(215)
フラメンコレッド(217)
アルパカグレー(218)
ブラック(221)

※ブラック(221)はシルバーステッチング付きでAMGスポーツパッケージ専用。


・本革(ナッパレザー):SL550に標準設定

ブラック(801)
ナチュラルベージュ(804)
ペブルベージュ(805)
フラメンコレッド(807)
アルパカグレー(808)
ブラック(811)

※ブラック(811)はシルバーステッチング付きでAMGスポーツパッケージ専用。


・本革(ナッパレザー)フルレザー仕様:SL600に標準設定/SL550にオプション

ブラック(511)
ナチュラルベージュ(514)
ペブルベージュ(515)
フラメンコレッド(517)
アルパカグレー(518)
ブラック(521)

※ブラック(521)はシルバーステッチング付きでSL550のAMGスポーツパッケージ専用。


・AMGスポーツシート 本革(ナッパレザー):SL63 AMG及びSL65 AMGに設定。

ブラック(211/531)
ペブルベージュ(215/535)
フラメンコレッド(217/537)
アルパカグレー(218/538)

※1 カッコ内のカラーコードで200番台がSL63 AMG、500番台がSL65 AMG。
※2 SL65 AMGはフルレザー仕様となる。


■トリム

ライトウォールナットウッド
ウォールナットウッド
ブラックアッシュウッド
ポプラウッド(SL600に設定)
カーボンファイバー(SL63 AMG及びSL65 AMGに設定)


参照:メルセデス・ベンツ SLクラス カタログ(2008年5月版)





nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 2

hiro

天然石を使ったトリムにも感心させられましたが
SL65の600psと100kgオーバーのトルクにはビックリしました。
by hiro (2008-06-15 10:31) 

carcatalogjp

天然石のパネルなんて珍しいですよね
SL65はトルクだけ見れば、あのSLRよりも勝っています。
V12気筒にツインターボはまさに鬼に金棒といった感じですね(笑)
トルクがありすぎて、使えるATが限られる為、今だに5ATのようです。
by carcatalogjp (2008-06-16 02:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。